衣笠木材は、構造用集成材をはじめとする様々な住宅用木質部材を製造しているメーカーです。

事業内容

  • HOME »
  • 事業内容
衣笠木材では様々な住宅メーカー様の内装材、内装建材を中心に木質製品を製造しています。

木製品の加工

衣笠木材では最新機器の数々を導入するとともに、材料選定から製品までの工程・納期管理や製品の品質管理に万全を期し導入しています

woodeye

WOODEYE

木材の節や割れ、丸みやブルーステイン等の欠点を最新の高解像度カメラとレーザーにより判別し、コンピュータ制御によってクロスカットラインにカットデータを転送します。

構造材の欠点判別に使う中断面仕様も新たに設定されました。

QCとVEにより高品質・低コスト・短納期化を実現

QC(クオリティ・コントロール)という言葉が業界の中ではまだ耳新しかった時代から、衣笠木材は品質の一層の向上と安定を求めて、つねにこの課題に意欲的に取り組んでまいりました。

本社の情報システムを中心に各生産現場を結ぶネットワークを構築。
さらに取引先様とオンラインで受発注を行うシステムも保有しています。

一方、取引先様とともに製品開発を行うことによって、また生産技術を独自に開発することによって、VE(バリュー・エンジニアリング)の側面からもコストパフォーマンスの高い製品の実現に努力しています。

お問い合わせはこちら TEL 0790-62-2449 受付時間 8:30 - 17:30(日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 衣笠木材株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.